役割と費用

今更人に聞けない窓ガラスの役割

なぜ窓ガラスをコーティングするのかわかっていない人が大半ですが、その理由を知るとなるほどと思い窓ガラスにをコーティングする人が増えます。窓ガラスの役割はあえて説明するまでもありませんが、外を眺めることが可能なこと、光を室内に入れることです。ただ、窓ガラスは余分なものを室内に入れてしまっている時があります。それは夏場の熱です。冬場に窓ガラスから降り注ぐ太陽の熱を浴びるのはとても気持ちがいいことで、その役割は絶大なものです。ですが、やはり夏場の熱は遮断するべきものです。またそれだけでなく窓ガラスコーティングには防犯に特化したものにすることも出来ますので、快適さと安全性を手に入れることが出来ます。

その役割と価格について

夏場の太陽の光を室内に入れて、熱だけは遮断するというそんな都合のいいことができるわけがなさそうですが、実は窓ガラスコーティングをすれば可能です。窓ガラスコーティングは窓ガラスにコート剤を塗ることで、太陽の熱を大幅にカットします。しかも、それに伴い室内が涼しくなりますので、その分エアコンを掛けずに済みます。その結果電気代が安くなり、また地球環境にも良いという好循環なのです。ただし、コーティングにはお金がかかります。おおよそ1平方メートル当たり15,000円ぐらいが相場になります。特に日差しの強い南向きの窓だけコーティングをすれば、1階部分と2階部分の窓をすべて合わせたとしても10万円もかからないのが普通です。